生きた人間の動き・形態を再現した3D人体解剖アプリケーション
Understand human anatomy in real 3D.

ABOUT

人体を3Dモデルで忠実に再現

teamLabBodyとは、整形外科教授 菅本一臣 監修のもと、
人間の部位をCTやMRIなどを使い、3Dモデルを忠実に再現した3D人体解剖アプリケーションです。
自由な角度・倍率で部位を確認することができ、人体解剖・運動学的知識の習得や臨床にご活用いただけます。
3D Motion Human Anatomyでは、世界初の生きた人間の関節の動きを3Dで閲覧することができます。


INNOVATION

人体3Dモデルを活用したビジネスをお考えの方へ

teamLabBodyはアプリだけではなく、
デジタルサイネージやデジタル問診票などにもご活用いただけます。
病院の待合室や教育の場など、さまざまなシーンに合わせてニーズにお応えします。

お問い合わせ

STORY #1

関節の三次元的な動きが見たい

teamLabBody -3D Motion Human Anatomy-のベースとなったのは、大阪大学運動器バイオマテリアル学、整形外科教授の菅本一臣の研究チームが整形外科疾患の治療過程で世界で初めて開発した、生きた人間の関節の三次元的な動きを解析する手法でした。
従来、整形外科の治療、手術の際には、レントゲンによる二次元平面への投影像、CTやMRIによる三次元静止像が参考とされてきましたが肩関節の脱臼や変形性膝関節症患者への膝人工関節の導入の際には、上記情報だけでは限界がありました。そこで、菅本教授の研究チームは、下記の骨関節の三次元形態および動きを解析する技術を開発しました。

STORY #2

2D3D レジストレーション法

動画撮影したX線レントゲン像の1コマ1コマに対し、コンピュータプログラムを用いて骨の空間位置座標を推定することで、最終的に動態をムービーとして可視化することが可能になります。

STORY #3

CTまたはMRIを用いたレジストレーション

関節動態の軌跡上で複数の肢位でCTまたはMRIによる撮影を行い、各肢位で撮影されたイメージ画像から対象となる骨を抽出し、三次元構築させるというもの。
さらに各肢位の骨どうしを重ね合わせることにより、移動距離や移動回転角度を算出することが可能になります。

STORY #4

医学教科書にない関節の動き方の発見

同研究チームは、上記技術を用いて生きた人間の関節の動きを調べた結果、人間が自分の意志で動かした関節の動きは、従来の医学教科書に記載されている献体から得た動きとは異なることを明らかにしました。 これに着目した同研究チームは生きた人間の骨格の動きがわかれば、治療や手術、教育に大いに役立つのではないかと考えました。

STORY #5

精度の高い骨格・筋肉の
3Dモーショングラフィックス

1998年より20〜30名の協力者を募り、生きている人間で過去10年以上にわたって全ての関節の形態や動きをCTやMRIで撮影し、静止イメージ画像をコンピュータプログラミングによって解析した上で、人体の全身の筋肉・神経・血管・骨・関節をビジュアル化してきました。 さらに臨床医と開発者が意見交換し合うことで他に類例の無い精度の高い骨格・筋肉の形態や、骨関節の動きなどの3Dモーショングラフィックスによる表現が可能となりました。これらの人体に関する見識を、菅本教授主導のもとで改めてデジタルコンテンツとして纏めたものがteamLabBody-3D Motion Human Anatomy-です。

teamLabBodyイメージ画像

FAQ

Q 購入方法を教えてください

teamLabBodyはiOS、android、windowsの3種類のOSに対応しております。ストアへは「APP/STORE」のページの各種ストアアイコンから進むことができます。各アプリストアに対応するアカウントでログインし、又は新規でアカウントを作成いただき、アプリの購入手続きへとお進みください。お支払いにはクレジットカードやアプリストアのプリペイドカードが必要となります。

Q 大口購入は可能ですか?

法人、教育機関向けにまとまった数のご購入により割引が適用されます。ご用命の際は「必要ID数」「組織名」「代表者名」「対象OS」をご記名の上、info@teamlab-bodyまでお問い合わせください。

Q 機種変更時など、新しいタブレットやスマートフォンにアプリを移すことは可能ですか?

同一のOS・アカウントでご利用の場合は、ご購入時のアカウントでログインすることで、各ストア販売ページよりアプリを再ダウンロードが可能です。

もっと見る

CONTACT

アプリに関してのお問い合わせ及びご要望はこちら。
また、教育および商用など異分野への応用活用に向けて幅広く提供していく予定です。
応用開発に関する企業間イノベーションも承りますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ